コーキング・シーリング

◆コーキング・シーリングとは?

“コーキング材”とは、外壁材同士のつなぎ目や隙間を埋めるために使われている、ゴム状の目地材のこと。
コーキング材は弾力性があり、防水性もバツグン!
建物にかかる衝撃を吸収したり、建物内部への水の浸入を防ぐ重要な役割を担っています。

そんなコーキング・シーリングですが、経年劣化によって、ひびが入ってしまったり、痩せ細ってしまうと本来の役割を果たせなくなります。
放置しておくと外壁・サイディングの劣化の原因になりますので、要注意。

打ち替え工事を行うことで、元々備わっていた性能を取り戻せますので、ひび割れやコーキングがとれているところを発見した際はすぐに当社にご相談ください!

放っておくとサイディングの張り替え工事が必要になり、高い費用がかかってしまいます。

 

◆コーキング・シーリングの役割

○雨水の浸入を防ぐ
○外壁材同士の隙間をふさぐことで、建物の気密性をアップ
○部材同士がぶつからないようにするためのクッション材
○外壁のひび割れも補修できます

 

◆目地材にこのような症状はありませんか?

×ひび割れや切れ目があり、剥がれている箇所がある
×やせ細って隙間が空いている
×シーリング材の弾力性がなく、硬い

上記のような症状がある場合、コーキング材の劣化が進んでいます。
雨漏りしてしまう前に、増し打ちや打ち替え工事を行って建物の寿命を延ばしましょう。

【FAX】049-297-4431
【受付時間】8:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】比企郡川島町・桶川市を中心とした関東一円エリア※エリアに関してお気軽にお問い合わせ下さい

一覧ページに戻る